アドバイス!いじめへの対策なんて考えずにさっさと環境を変えましょう!

アドバイス!いじめへの対策なんて考えずにさっさと環境を変えましょう!

いじめへの対策なんて考えずにさっさと環境を変えましょう!

 

いじめ9
看護師それぞれのいじめ、とくに新人の時は本当に大変な人も多いと聞きます。看護師の勤務場所は、現実的にイジメがある仕事場も少なくありません。この理由は、看護師の勤務場所が持ち合わせている職場の背景にあります。 まず病院そのものです。閉鎖的な病院は、ドラマ白い巨塔のように、依然として医師をメインにおいた一昔前の体質のところが当たり前です。原則的に医療従事者は不足しているので、リストラされる危険性もなければ給与も年数とともにひとりでに上がっていき、注力することをせずに仕事的には滞留するトレンドにあります。特に大きな組織では、その内は閉鎖的で、風通しが芳しくないため、イジメも起こりやすくなります。 次に職業からくるストレスがあげられます。

 

看護師の勤務はとても過密スケジュールです。責務が重くメンタル的に困難な上に、真夜中の勤務もあって身体上の負担も大きく、それに加えてシフト制なので休みを、周りと合わせるのは難しいです。何にも増してプライベートでストレス解消がうまくできない人は、緊張状態が続き、結果的にそれらのストレスが、看護師それぞれのいじめに変わってしまうことがあります。さらに女性の多数いる勤務場所も関係しています。 女性は、噂話が好きな場合が多く、勤務先の休憩室でも周りの人が気に掛けられることがよくあります。それ自身は構わないのですが、万が一そのことがネガティヴな意見となれば、力の強い人が、ある看護師に対してネガティヴな反応を下すと、回りはどうしてもそれに逆らえません。

 

数多くの看護師が支持することで自身の位置を守ってしまい、そのことが、イジメを引き起こしているのです。以上のように、看護師の仕事場はイジメの危険が高いということもいえますが、いうまでもなくイジメのない勤務場所も多いです。勤務先のムードは、病院に左右されて全く違うので、イジメに困り果てている人は、病院を変更すれることも賢明な選択です。過去に仕事を変えることによって、イジメられることなく幸せに働けるようになった看護師は少なくありません。いじめられる原因は、影響力を持つ人物と性格がかみ合わなかったり、何気なく態度が気に食わないなど、それは小さなことが多いからです。 決して自分自身の性格や才能が原因ではないはずです。自分自身に似つかわしい職場に転職して上下関係も健康的な中で働けば、仕事が想像以上に快調にいくケースが多いです。 看護師は売り手有利で転職先はたくさんあるので、イジメに困り果てている人は転職のことを考慮してみるのも、いじめ問題を順調に解決する方法の一つになります。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ