考えてみましょう。いじめる側の心理 あなたの何かが怖いのかも?

考えてみましょう。いじめる側の心理 あなたの何かが怖いのかも?

いじめる側の心理 あなたの何かが怖いのかも?

 

いじめ6
いじめはどの職場にも存在しますが、看護師業界の間でも問題になる場合が多くあります。
看護師間で発生するいじめは、閉鎖的な職場が環境が引き起こしたり、固定された人間関係が悪化を助長します。
しかし、いじめには原因があったり、時には被害者となる看護師本人の切っ掛けが存在する可能性があります。
転職を考える程のいじめは、看護師を続ける事が難しい状況、精神的に耐えられない程のストレスが引き金となります。
一方では、仮に看護師として転職しても、再び被害に遭う可能性が否定出来ない事が懸念されます。
まずは原因を考えたり、自身の内面に問題を呼び寄せる理由がない事を確認して、自信を持ってから看護師の仕事を探す事が大切です。
攻撃を行う側の心理には、看護師としてのプライドが傷付けられたり、無言のメッセージが恐れられている場合があります。
看護師同士は、被害者と加害者側共に、同じ立場で比較対象になる関係性を持ちます。一人で悩まないで!リエゾンナースへ相談 有効なアドバイスがあるかも?

 

一般的には、出る杭は打たれ易くなるので、若くして周囲から認められたり、出世が早まると狙われる原因になります。
また、相手を知らない間に恐怖に陥れている事が、恐れから攻撃性へと変化させる理由になります。
人間関係で最も注意が必要なポイントは、自らが気が付かない間に発信している無言のオーラです。
オーラにはメッセージが含まれていたり、周囲に不快感や嫌悪、恐怖を抱かせる切っ掛けになる事も考えられます。
看護師は周囲に愛想を振りまいたり、疲れを表情から隠す必要があるので、生活態度に対して内面のストレスが蓄積し易い仕事です。
解消出来ないストレスもまた、いじめの引き金を引かせたり、相手の欠点や気に障る事を攻撃する結果に繋がります。

 

理由が明確であれば、被害を受ける人も対処出来る事はありますが、中には八つ当たりに近く筋が通らないケースもあるので注意が必要です。
誤解が現状を読んでいるのであれば、話し合いを行えば解消する可能性は高まります。
相手に与えた恐怖感が拭えず、誤解や八つ当たりが解消出来ないのであれば、十分職場を変え新しく看護師を始める転職を考える時期といえます。
表情が怖がられているならば、笑顔を作る練習や笑いを心掛ける事が有効です。
見えない内面が恐れられている時は、会話の頻度を増やしたり、関わりを積極的に行う事で、次第に溶け込める結果が得られます。
ただ、人間関係や環境を変えるには時間がかかるので、教訓を得てから職場を変えた方が解決が早まる確率は高まります。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ