怖い…一般的ないじめ対策の流れ

怖い…一般的ないじめ対策の流れ

一般的ないじめ対策の流れ

 

看護師は実力と経験が強みの縦社会です。
人命を預かる任務を遂行すべく、ゆとりや余裕を持って仕事を熟す人は殆どいないと言っても過言ではありません。
この業務内容の特徴からも、おっとりした性格や所属する部署のボスに毛嫌いされると、いじめのターゲットになる可能性も無きにしも非ずです。
看護師はマンパワーと協調性の両方を兼ね備えていなければいけません。どうなの??病院内で起こる先輩、上司からの看護師いじめ?いったいどれぐらいあるの? その1

 

意図せずともいじめの対象になってしまった場合、どのような対応があるでしょうか。
職場ではゆっくり上司や同僚に相談する時間も限られます、家族に話しても即解決する問題でもありません。
看護師という職業上、転職というのも1つの方法です。

 

貴方には国家資格である看護師免許という強い資格があります。
どのタイミングでトラブルに巻き込まれたか(いじめが始まったか)にもよりますが、一般的に次の流れで対応すると良いでしょう。

 

1、誰からどのようないじめを受けているかを冷静に分析する
2、直属の上司や看護師長に相談して解決出来る内容の場合、積極的に相談してより良い職場環境作りに努める
3、先輩看護師や同僚と性格の不一致や、職務に対する根本的な考え方が違う職場の場合転職を検討する

 

まずは原因を追求する事が賢明です。何の問題もない場所で突然いじめが勃発するとは考えにくいものです。
決して貴方に原因がある訳ではありません、例えば貴方が優秀で患者さんの信頼を集めるが故に、嫉妬や妬みといった全く非のない内容に起因する事も往々にしてあります。命を預る看護師として有るまじき思考回路ですが、人間誰も完璧ではありません。
このような場合その才能と性格を活かして、より良い環境の職場に転職するのも貴方の能力を向上させるきっかけにもなります。
トラブルの相手が1人の場合、周囲に助けを求めて職務に専念するのも良い方法です。
いじめ5
いずれのケースも大切なのは、業務外の問題で折角の看護師という能力を失わない事です。
その為に問題を放置せず、業務に支障が出ると感じたら直ぐに対策を講じる必要があります。
早目の処置が悪化を防ぐのは病もトラブルも同じです。決して恥ずかしい事ではありません、生身の人間同士意見がすれ違う事や見間違う事はある事です。業務に影響が出てはプロ失格です、ミスの許されない環境だからこそ、他人を思いやる余裕が希薄になります。助け合いお互いを高め合いながら働ける環境の職場も必ず存在します。
諦めずに正面から向き合いましょう。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ