ハッキリ言います!看護師 いじめで追い詰められての退職にメリットなんかありません。

ハッキリ言います!看護師 いじめで追い詰められての退職にメリットなんかありません。

看護師 いじめで追い詰められての退職にメリットなんかありません。

 

大人になってもいじめは根絶される気配がなく、当然のことながら看護師の人間関係でも多数の仕事仲間が一人を執拗に追い詰めることが少なくありません。仮にもいじめで看護師の仕事そのものに嫌気が差してしまうようなことになり、結果として転職活動に勤しむ決心をしたのであれば、より良い未来は期待できないことが多くあります。同じ職場に長く籍を置いた看護師でなければ、業界内では完全なる一人前として認めてもらいにくいです。流動性が高い職種であるとはいえ、むやみやたらに働くことになる場所を点々としているような労働者は、何かしらの問題点があるのではないだろうかと考えられてしまいます。

 

いじめで転職を決意した就業場所に採用担当者が退職理由について質問すれば、いくら面接で看護師の良さを語っても採用されることが少なくなります。看護師は人間の健康維持に対して非常に大きな役割を担う存在であると言っても大げさではありませんから、無責任な就業感覚を持ったまま業務に臨まれると現場が混乱してしまいかねません。さらには、いじめのような少しだけ心を強く保ちながら看護師としての割り振られたことに全力投球できる問題から目を背けてしまう人材は、遅かれ早かれ再び責任放棄してしまう可能性が否定できないと言えます。

 

いじめられても看護師を辞めることによって何もかもから開放されることを知ると、次の仕事場でも同じようなことがあれば即座に逃げ出せばいいと考えるようになってしまいます。いわゆる逃げグセが付いてしまう状態なのですが、一度でも味をしめてしまうと看護師としての成長の妨げになりかねません。嫌なことから全力で逃げてしまえば一時は楽になることは事実である一方で、新天地で自分自身の居場所を作り上げていく作業を頑張らなければならなくなります。そうなると本業が疎かになってしまい、知らず知らずのうちに先輩や同僚などから言葉や態度で精神的に追いつめられてしまうことにつながります。

 

看護師の労働環境における賃金の規定としては、勤続年数に応じて高くなっている傾向は珍しいことではありません。転職を繰り返してあらゆるところで看護師として採用された経験があるのなら、一向に給料が上がらないという結果に直結することが考えられます。男性や女性といった性別を問わず、人として生命活動を維持させるためには莫大なお金が必要なので、できるだけ同じ場所に籍を置くことが賢いです。
いじめ4

 

ホーム RSS購読 サイトマップ