教えます!いじめが起こりにくい環境の特徴

教えます!いじめが起こりにくい環境の特徴

いじめが起こりにくい環境の特徴

 

同じ看護師という資格を有しながら、配属先により業務内容は千差万別で、業務時間もシフト制を導入する事の多い看護師は、その他一般の職種に比べると特殊な職場環境だと言えます。
しかしどの世界も人が集まれば、いじめという問題は大なり小なり発生するものです。
決して許される事ではありませんが動物的本能とも言われ、看護師に限らずいじめが原因で転職に追い込まれるケースも往々にして報告されています。
しかし人命に係わる職務である看護師が、いじめをしている環境は好ましくありません。
いじめが起こりにくい環境の共通した特徴は次の通りです。
いじめ3

1、職場規模の大小に関係なく、1人が受け持つ仕事がオーバーワークになっていない
2、仕事について、相談出来る人や時間が設けられている
3、より専門的な知識を深める為、研修や研究及び人材育成に余念がない
4、医師、薬剤師、事務員等全ての医療関係者同士の風通し(情報交換や人事異動等)が良い

 

風通しの悪い中で、ギスギスした余裕のない業務を与えられていると、誰もが心の余裕もなくなります。
すると人当りのいい人や言い易い人でストレスを発散したり、本来目指すべき道や信念が分からなくなってしまうのです。
いじめが起こりにくい上記の特徴を見ると、看護師という仕事をより深く追求し、全員でスキルアップを目指す活き活きとした職場が多いのが分かります。
オンとオフと切り替える余裕(ゆとり)を持つ為にも、オーバーワークはいけません。

 

つまりは人員不足です。これは患者数に対して何人の看護師が配置されているかで判断する事が出来ます。
夢と希望と責務を持って看護師になった貴方、少しでも良い環境で仕事をする為にも、事前にどのような職場環境かチェックする事をお勧めします。
1つの分野を長く経験するのも大切ですが、人間関係を円滑にする為には定期的な異動も重要なポイントです。

 

今誰がどのような仕事を抱えていて、困った事は誰に相談すれば良いか、何事もそうですが、特に仕事は誰もが分かる見える仕事が大切です。
折角良い職場に配属されても、貴方の感じ方、仕事への取組み方次第で環境は変わります。
環境は流動的なものです、人が変わればおのずと職場の空気も変わって来ます。

 

前向きに格好をつけないで、良くも悪くも隠さない事がより良い環境作りへの第一歩です。
失敗しても普段の貴方の行い次第で多くの助けの手が差し伸べられる、そんな職場で働けたら最高です。アドバイス!いじめへの対策なんて考えずにさっさと環境を変えましょう!

 

ホーム RSS購読 サイトマップ